Warning: Missing argument 1 for in_category(), called in /home/hamuro/wanokokoro.co.jp/public_html/shop/wp-content/themes/blanc/breadcrumbs.php on line 95 and defined in /home/hamuro/wanokokoro.co.jp/public_html/shop/wp-includes/category-template.php on line 257

「おにぎり」と「おむすび」は違う?

私が生まれ育った大阪では、ご飯を握ってつくるから「おにぎり」ですが、

大学で東京に住んだとき、周りの人は「おむすび」とよんでいました。

米と米を結ぶから「おむすび」らしいです。ちょっと激論してました(笑)

 

どうなんでしょうね。

どちらでもかまわないのですが、ちょっとスッキリしたい。

ということで、ちょっと調べてみました。

 

これが『おにぎり』ですよね。

おにぎり

で、こっちが『おむすび』

おむすび

ネットで調べると、

「おにぎりとおむすびの呼び名の違いは諸説ありますが、日本の大部分で『おにぎり』とよぶのに対して、関東~東海道にかけては『おむすび』とよばれていますが、東京都と神奈川県では『おにぎり』と呼ぶケースが多いです。」

とありました。ヤッパリ!

 

コンビニでも違いがあるようで、

「おにぎり」とよぶコンビニ(ローソンなど)もあれば、セブンイレブンのように 「おむすび」と呼ぶコンビニもあります。

 

ただ、こういう記述もありました。

「神の力を授かるために米を、山型(神の形)にかたどって食べたものが『おむすび』。『おにぎり』は『にぎりめし』の転じたものと言われています。つまり『おむすび』は三角形でないといけなくて、『おにぎり』はどんな形でも良いというの説が濃厚です」

コレ、めちゃめちゃ説得力のある説ですね。

なんだか『おにぎり』より『おむすび』のほうがありがたい気がしてきますね。

 

でも私は『おむすび』ではなく『おにぎり』とよびます。

『おにぎり』の方が、人の手でおいしくなるように握る力を加減してつくっている感じがするからです。

 

『おにぎり』も『おむすび』でも、それをもっと美味しくするには「お塩」が大事です。

おにぎりが大好きな私は、昨年からこの「天日海塩」を使っています。

TK

とても旨みのあるお塩です。

おにぎりをつくっているときに、塩を手に付けすぎると辛みが出てお米のおいしさを損ねたりしますが、

この「天日海塩」は、多少付けすぎても塩の辛みをまったく感じないのです。

むしろ旨みが増します。

おにぎりの中に梅干し、「天日塩梅」を入れると、もう最高です!

「天日海塩」は料理にもぴったり!

お風呂にひとつかみ入れると、お湯がとってもまろやかになります。

肌の弱い人には、むしろオススメです。

おいしいお塩なので、和のお店でも扱わせてもらっています。

せひ、お試しください。

「天日海塩」

http://goo.gl/lxfp0V